障害者の私の行き当たりばったりの冒険の旅でした。

仲間と大阪へ行った時のことです、目的は甲子園球場での野球の試合があったので、
それぞれ、前日に大阪に集合して、次の日に甲子園での試合を行い、其々地元北海道へと帰ったのです。

これでは普通の、スポーツ大会への出場のようですが、皆は千歳から関空まで飛行機で、来ましたが、私は障害者で、暇をもてあそんでいたので、小樽から舞鶴へと、
フェリーでそして、JRで大阪に入ったのです、試合が終わり、皆その日に北海道へと帰ってしまいましたが、私は,未知の大坂を楽しんで帰りました、

初めての大阪、グリコの看板、難波花月、見るものすべてが初めて、食べ物も、北海道の物とは全く異なるものばかり、たこ焼きのおいしさ、
串カツのおいしさや、値段の安田、何もかもが初めての大阪、体の悪いのも忘れて、いろいろなところを見て回り、
とても印象に残った大阪でした、いつでもカーニバルを行っているかのようなそんなところが本当の大阪なのですね、想像以上の楽しい都会でした。

This entry was posted on 水曜日, 2月 20th, 2019 at 3:20 PM, tagged with , and is filed under その他.